N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸

N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸

性状としましてはネバネバした(粘性が摩天と言います)もので皮膚や筋肉や軟骨を構成する主成分となっています。人間の体を作っているのは無数の細胞ですけど、この細胞同士をくっつけ合い勝手に細胞がバラバラに移動しないようにしてる「結合組織」の主成分なんです。

付け加えるとヒアルロン酸が見つけた眼球の中身は水分が99パーセント含むと言い伝えられていまして、これだけ多量の水分が維持出来るのもヒアルロン酸があることからなんです。この辺りの説明もっとも理解しやすいと思うが(自画自賛か笑)、厳密な医学的説明としては十分ではないがこのブログは医学専門家に向けまして発信したりする訳じゃなくなったのでこの解釈の仕方でも大手違いではないです。

人間が人間の体を形として維持するようには絶対に必要な成分なんです。難しく言うとN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによりまして構成されました高分子の物質です、ですが根っからは目の玉(眼球)のなかに詰まってる硝子体の成分として見つけたものでしょう。

その為ヒアルロン酸は根っから人体に存在していて、非常に峻絶保湿性・水分保持力をもちましてる、という訳なんです。